PuPu  in  HAWAII  

12/5〜12/14/2007


6日目(12月10日/月)



■ホノマラ翌日



7時15分起床。夜中に目が覚め、窓の外を見ると霞んでいるようで「また天気が悪いのかな」と寂しい気分で眠ったが、
起きてみると空は青く、ダイヤモンドヘッドの左に太陽が光っていた。
シャワーを浴びたあと、なぜか珍しくコーヒーを飲みたくなり、そのあとビール。
9時過ぎに部屋を出て「coco cove」でサラダ、サンドイッチ、スタバでコーヒーを買ってからカピオラニ公園へ。
完走証は10時40分から並び、約20分かかった。芝生も土も昨日の雨でぬかっているため、足もドロドロ。水道で洗う。
ワイキキシェルのベンチでクロワッサンのベーコン&チーズサンド、ベビースピナッチを食べていると、
やはり完走証を取りに来たVRさんの姿。しばらく立ち話をして別れる。







■ビーチでのんびり

部屋にもどったあと、11時ごろクイーン・ビーチへ。
今回ハワイ旅行の忘れ物は、ナンバーカードの引換券と携帯ラジオ。
ナンバーカードは何の問題もなかったけれど、ラジオは仕方がないので買うことになった。
ビーチにタオルを敷いて横になる。
全完走者の載っているタブロイド新聞を見るのも翌日の楽しみ。
ただし、今回は計測器のトラブルがあり実際のタイムと違っていたり、
記録が残らなかった人もいるという。






■一度は行きたい「ダイヤモンドヘッドM&G」


2時45分。あまり昼食が遅いと夕食がおいしくないのでビーチをあとにして「ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル」に向かう。
それほどお腹がすいていなかったので、僕はサーモン・サラダ・ラップ(サーモン、レタス、ほうれん草のサラダを
タコスの皮で包んだもの)とコカコーラ・ゼロ。サッパリとしていて量も調度よかった。
ププママは、グリルド・アヒのプレート。焼きたてのアヒが香ばしくて美味。
駐車場にあったジャガーを見ると、カリフォルニアのナンバープレート。海を越えて遊びに来たのだろうかと、興味がわく。







■キャンベル通り

3時過ぎに遅めのランチをすませ、キャンベル通りをのんびり歩く。

高層ビルはなく、静かな住宅街が続いている。

ヒッチコックの「鳥」を思い出す。 タヌキや七福神もどきの置物がある。


来年で100周年を迎える日本語学校。 ピザ&甘いもの好きの僕でも食べたいとは思わない(笑)

30分ほど歩いて「SAFEWAY」へ。ワイン、パン、ナッツ類が充実している。

バターを使わないソルトピーナッツとブドウを買う。





■幸せを感じる甘さ

昨年は来なかった「ワイオラ・シェイブアイス」で
あずきボウルを食べる。練乳のほのかな甘さと、
シットリとした触感の氷が口の中で融けていくと
「あ〜幸せ♪」と感じる。

せっかくカパフル通りにいて、
近くに「ベイ○ーズ」があるので久々に見たが、
スリフトショップで売っているようなアロハが
$25〜$65とは高すぎる。



ディナーは「ホロカイグリル」

6時半ごろ部屋にもどり、シャワーを浴びてビールを飲んでから「プチガーリック」へ行くと45分待ちだというので、
ビーチウォークの「ホロカイ・グリル」に方針を変える。できたばかりで知られていないからか、待つことなく席へ案内された。
HOLOKAI(航海)という店名にちなんで、店内にカヌーが飾ってありエキゾチックな雰囲気。

(写真左から)
■PRIME RIB POKI(ビーフを小さくカットしてマヨネーズ味のタレをつけたもの。ポン酢で食べてもおいしいかもしれない)
■SALT&PEPPER CALAMARI(イカをモチ粉につけて揚げてあり、初めてのおいしさ)
■BEER BATTERED SEAFOOD&CHIPS(イカリングと小エビのフライ、白身魚のフライ、ポテト)

日本の味が恋しくなったわけではないけれど、醤油をもらってCALAMARIをいただくと、これがGOOD!






■ジェラートのちバーボン

日本で夕食後にデザートを食べることはほとんどないのに、
ハワイにいると甘いものが欲しくなる。
ビーチウォークの「MONDO GELATO」で、テイスティングしたあと頼んだのは
AMARETO。アルコールの入ったジェラートで僕好みの味だ。

部屋にもどり、SAFEWAYで買ったピーナッツを食べながらバーボンを飲む。
いわゆるバターピーナッツのような油っぽさがなく、薄い塩味が実においしい。
12時には寝ようと思っていたのに、結局ベッドに入ったのは1時を過ぎてしまった。



7日目へ

プロローグ  1日目  2日目  3日目  4日目  5日目  6日目  7日目  8日目  9日目  帰国日 TOP  HOME