PuPu  in  HAWAII  

12/8〜12/16/2004


5日目(12月12日)

■いよいよホノマラ

深夜2時。熟睡はできないまま、ウトウトしているうちに起きる時刻になった。
洗面をすませ、ランニング・ウェアを着てストレッチ。朝食(夜食)は、
「鮨好」のホノルルマラソンスペシャルで持ち帰ったおにぎり。
海苔はジップロックに入っている。その気遣いがうれしい。具は梅干とコンブ。
日本茶のティーバッグを入れたミネラルウォ−ターを飲みながら、一気に完食。
ラナイからカパフル通りを見ると、スタート地点へ行くバスが何台も並び、
ランナーもゾクゾクと集まってきている。
3時20分。パークショアのロビーでrinkaさん、キヨキヨさん、
同じランニングクラブの健ちゃんと待ち合わせてバス乗り場へ。







■ホノルルマラソン完走記 → こちらをご覧ください。





■ゴール後の風景

ゴール後、ウエアを着たまま簡易シャワーを浴び、冷たいドリンクを飲んでいると見覚えのある人がいる。
顔のペイントで有名なVRさん。しばらく立ち話をして別れた。
目指すは、リンゴとクッキーの配布コーナー。地元の高校生からリンゴとクッキーをもらい、ゴール後に仲間が集まる場所へ行く。
膝の故障でやむなく途中リタイヤしたキヨキヨさんが待っていてくれた。ププママは体調を崩し、部屋で寝ているとのこと。
rinkaさん、ゆこりんたちとも会うことができ、しばらく談笑したあとホテルにもどった。
■リンゴとクッキー(空腹においしい) ■トップ5の記録 ■女性のトップ5
■完走Tシャツ受取り ■行列のできるマッサージ・コーナー ■フラショー(男性)
■フラショー(女性) ■夢見たゴールはもうすぐ! ■上からゴールを撮るカメラマン








■疲れたカラダにビール

部屋に戻ってシャワーを浴び、ラナイに出る。ハワイ島で買ってきたオーガニックのポテトチップスを食べながら
ミラーライトをゴクゴクッ。ゴールエリアのカピオラニ公園からホテルに帰るランナーが、あとを絶たない。
完走Tシャツを着ている人、手に持っている人。みんな達成感に満ちた顔をしているのがわかる。
レース中、給水所でアミノバリューや水を飲み、ゴール後もアミノバリューをガブガブお腹に入れたにもかかわらず、
ビールは別腹(?)。ミラーライトの次はRoy'sビールを飲む(先日はボトルオープナーがなかったが、見つかった)。
ビールに満足したあと3Fのプールに行き、たまった乳酸をなくすために脚をアイシング。













■テディーズ・ビガー・バーガーズ

ランチは、モンサラット通りからワイキキ(もとのジャックイン・ザ・ボックス)に移転してきた
「テディーズ・ビガー・バーガーズ」。5オンスのハンバーガーとフリードリンクのセットをオーダー。
オーダーを受けてから肉を焼いたりパンを温めたりするため、時間がかかる。7分ほどでナンバーを呼ばれた。
フライドポテトをたっぷり添えたボックスとドリンク用のカップを受け取って席へ着く。
カップに自分の好きな飲み物を入れるシステム。僕はペプシにした。
ジューシーな肉と ちょっと甘いパンが、相変わらずおいしい。
ポテトチップスとビールでそれほど空腹感はなかったが、ペロリと食べてしまった。





■「チョイズ・ガーデン」で完走パーティ

4時半に部屋を出て、ザ・バスでアラモアナSCに向かう。今回の完走パーティは、
ウォルマートの近くにある韓国レストラン「チョイズ・ガーデン」。ハワイ在住の荒和井さんのおすすめで決めた店。
アルコールの持込みがOKなので、開始時刻の1時間前に男性陣が集まって、酒類を買うことになっていた。
待ち合わせは5時だったが、渋滞で10分遅刻(すみませんでした)。幹事のトリさん始め数名でロングスに行き、ワイン、ビール、
ワインクーラー、ウーロン茶、ジュース類などをたっぷり買ったあと、ほかのメンバーと合流して店に向かう。
アラモアナSCから歩いて6、7分。店は裏通りにあるため、観光客がフラッと立ち寄ることはなさそうだ。
参加メンバーは40名。会場は大きなテーブルが3列並んでいる部屋。乾杯をしたあと食事・歓談。
「ボリューム満点の焼肉と本格韓国料理がリーズナブルな料金で食べられる」という店だけあり、確かにおいしい。
食事をしながら、一人ずつ簡単な挨拶。感動を伝える人、反省をする人、来年の目標を発表する人…
飲むほどに会場は賑わい、席も移動して大盛り上がり。予定の9時を30分オーバーしてお開きとなった。


6日目へ
プロローグ 1日目  2日目  3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 帰国日へ TOP HOME