PuPu  in  HAWAII  

12/4〜12/13/2002


5日目(12月8日)

午前2時の親子丼

10時にベッドに入り、意外に早く眠りについた。ところが、12時と1時に目が
覚めてしまう。初めてのホノマラで緊張や興奮をしているわけでもないのに、
なんでだろう。まぁ、完全に睡眠をとらなくてもカラダを横にして
目をつぶっているだけで休養になるそうだから、あまり気にすることはない。
2時のアラームが鳴る前にベッドから下りる。ランニングウェアに着替えてから食事。
アツアツだった親子丼も4時間以上たって冷たいが、
電子レンジがないため、仕方なくそのまま食べる。オレンジジュースと
アミノバイタルを飲み、ミネラルウォーターはスタート前の水分補給に持参する。
2時55分にキヨキヨさんとロビーで会う。ププ妻が「ホテルの前でビデオ撮ってますから手を振ってくださいね〜」と伝える。 
HPのBBSに遊びにきていただいているアレックスさんと、3時にインターナショナルM.P横で待ち合わせているので行く。
背が高くハンサム。「モっテそ〜!!」という印象。奥さんと子供は、まだホテルで寝ているとのこと。
膝の調子が悪いと聞いている。「どうですか」「とりあえず走ってみて、痛いようなら歩いてゴールします」
「そうですね、無理しないでください」などという会話を交わしながら、カピオラニ公園に向かう。
バス乗場は、昨年よりエントリー数が相当に増えていると聞いていたわりには混雑はなかった。3人が乗ったバスには
アメリカ人のグループがいて、特有のノリのよさで歌を唄ったり奇声を発したり。楽しい時間を過ごすことができた。
約15分でアラモアナ・ビーチ・パーク着。スタート地点となるワード・センター近くに行き、しばらく時間をつぶす。
3人がスタートする場所はそれぞれちがうので、「では頑張って!」と4時過ぎに別れる。



■ホノルルマラソン完走記 → こちらをご覧ください。




■痛さ辛さもゴールまで

出版社のSさんが フィニッシュ地点で僕を撮影すると聞いていたので、カメラマン席を見上げながらゴール。
Sさんを発見できないでいると、横から名前を呼ばれた。鉄塔には上がらず、
ゴール横で撮っていたとのこと。ライターのUさんからも「お疲れさま〜」の声。ボランティアの女性から
シェルレイを首にかけてもらい、仮設シャワーで頭から水を浴びる。コース上の給水所では
ノドを潤す程度しか飲んでいなかったスポーツドリンクを一気に飲む。2杯目もゴクゴク飲む。全身の細胞に
水分が染み込んでいくようだ。ビデオカメラを持ったププ妻がいたので、SさんとUさんを紹介する。
挨拶が終わると、ププ妻から「はい、これ」といって意外なものを渡された。なんと、ククイのレイ。
あまりのうれしさで目がウルウルし、サングラス越しの視界がぼやけてしまうようなことは、なかった。
取材が残っているSさんたちとわかれ、完走者に配られるクッキーとりんごをもらってから
完走Tシャツ引渡し所に行く。ゼッケンに印(渡した証明)を付けてもらいMサイズのTシャツを受け取る。



■ププ妻からもらったレイ ■クッキーと りんご ■うまいんだな、これが!
ビニールシートを敷いて横になる。「あ〜疲れた」と声を発してしまう。「また長谷川理恵に負けたみたい」
「凄い顔して走ってたわよ」「タイムは?」「17分ぐらいじゃない」「ひょぇ〜!!」
昨年とちがい、今回は悔しいとは思わない。やはり毎日10Km走ってる人には敵わないという気持ち。
月に約300Kmの練習量。僕にはとてもできないことだ。3時間15分を切って東京国際女子マラソンに
参加するという、しっかりした目的意識があるからできることだろう。
完走Tシャツ引渡し所の前が、受け取りにくるランナーで混んできたので場所を移動。
ププ妻がクーラーボックスに入れてきた某ドリンクを飲む。 うまいっ!
 
■アミノガールズ ■もう少しでゴール ■あと10メートル
しばらく休んでから、会場を見て回る。感動の喜びで涙を流している人、木陰でグッタリと寝ている人、
完走Tシャツを抱きしめている人…。DCカードのブースで抽選会をやっていたので引いてみると「特賞」。
おっ!と喜んだが、それはカッパとタヌキの着ぐるみとの記念撮影だった(笑)
アミノバイタル・コーナーでは、アンケートに答えるとアミノガールズ(ショートパンツにブーツ)と写真が撮れる。
撮りたい気持ちは、、、あったが、、、やめた。 
スタートから8時間たっても、ゴールしてくるランナーは続く。ホテルにもどるときに真鍋かをりとすれちがった。



■プールでアイシング

ランチはインターナショナル・フード・コートの
「ヤミーコリアンBBQ」でカルビプレートを買い、
ホテルのラナイで食べた。
ゴール後にクッキーとりんごを食べたといっても、
夜中の2時過ぎに食事をし、約12時間たっているので、
さすがにお腹はすいている。
走った後は胃腸も弱っているため、軽い食事しか
受けつけないという人もいるが、その心配なない。
ビールも肉もおいしかった。1時間半ほどラナイにいてから
プールに行くと、5人ほどがビーチチェアーに横になっていた。
脚をプールの水につけてアイシング。空は青く広がっている。
「ゴールを目指している人には辛い陽射しだな」と思った。



■ホノマラ打上げ

今回のハワイで、楽しみにしていたのがホノマラ打上げ。このHPの掲示板で知り合った人やそのご家族、
そして以前から顔見知りのネット友達19名が会場の「プチ・ガーリック」に集まった。道路側のテラス席で、人数的にも
ピッタリのスペース。初めてホノマラを走った人、ボランティアに参加した人、応援をした人。
ホノルルマラソンという共通の話題があるため、初対面でもすぐに話が盛りあがる。
料理はコースにしないでアラカルト。味も量もサービスも、想像以上によかったので安心した。
◎参加された皆さん:マイケル冗談さん、キヨキヨさん、アレックスさんとご家族(奥様とご長男)、momoponさんと娘さん、
Lunaさん、ゆこりんさん、ぴーさん、motolocoさん、ぷうさん、teddykeikoさん、レフアさん、マカプウさん、こなこちゃん、
ともちん。みなさん、ありがとうございました。 ※名前は、打上げの参加表明をされた順番  
■プチ・ガーリック入口 ■下から見た2Fのテラスコーナー ■みなさん、お疲れさま〜


6日目へ
プロローグ 1日目  2日目  3日目  4日目  5日目 6日目 7日目 8日目 帰国日  TOP  HOME