PuPu  in  HAWAII  

12/7〜12/15/2000


5日目(12月11日)

■ホノルルマラソン翌日


ゴール地点 完走証 フィニッシャーズ記録集

朝、ベッドから降りたときも筋肉痛はなし(嬉)。ラナイでビールを飲んだあと、完走証を受取りにカピオラニ公園へ行きました。ゴール地点の横断幕やテント類は ほとんど撤去され、もとの道路&パーキングになっています。昨日の喧騒が、まるで夢のよう。完走証引渡し場で自分のゼッケンを見せると完走証をくれます。タイムは、スタートのピストルが鳴ったときからのものではなく、実際に自分がスタートラインを通過してからの記録(ネットタイム)。完走証には、完走者の人数、自分の順位、年代別順位(男女別)、男女別順位、ハーフ通過地点のタイムが記載されています。完走者全員の名前とタイムが掲載されている記録集は$5。これは毎回買います。ほかに、完走証とゼッケンをラミネート加工してくれるものが$20、記録集と完走証のラミネートが$15。どちらも「ちょっと高いんじゃないかい」と思うので僕は買いません。




■ウォールで朝食

完走証を受取ったあと、「ジャック・イン・ザ・ボックス」でアルティメイティド・バーガーのブレックファースト(2種類のチーズがトロ〜りと入ったお気に入りのバーガー、ポテトフライ、スプライトのセット)を買い、ワイキキのウォールへ行って遅めの朝食。Tシャツを脱いで裸でいると、肌がチリチリしてきます。あまりの気持ちよさで、しばらくサンタンをしながら眠ってしまいました。寒い日本へ帰るのがイヤになるひと時です。




■あ〜、チャーハンが食べたい!

太陽の下でウトウトしていたら、突然チャーハンが食べたくなりました。夢を見たわけでもなく、なぜだかわかりません。朝食後それほど時間もたっていないのに、急にです。食べたいものを食べたいときに食べる。これがいちばん。というわけで、「えぞ菊」に直行。餃子を頼むとビールも欲しくなるのでやめました(笑) 外国米のパラパラ感が実にチャーハンに適し、ため息がでるほどのおいしさ♪(ちょっとオーバーか) あっという間に食べてしまいました。 



■マウイへ1泊

午後からマウイへ1泊で行きます。目的はハレアカラのサンライズを見ることとダウンヒル・ツアー。
午後1時50分、ネット友だちのひろりん&Tamakiちゃんが滞在しているパシフィック・モナークのロビーに、まるかさん、僕の4人が集合。タクシー(といっても豪華リムジン)で空港まで約30分。離陸までにたっぷり時間があるので「スターバックス」に行きましたが、ハワイ滞在中にWIKIWIKIバスに3回も乗れてちょっといい気分。ハワイアン航空は定刻より30分遅れて午後4時に離陸。25分でカフルイ空港着。10年ぶりのマウイです。




■キヘイのサンセット

カフルイ空港で、日本から予約をしておいたレンタカーを借りてキヘイへ向かいます。マウイへ来たのは3回目で、ハレアカラ、ラハイナ、カアナパリといった観光スポットしか行ったことがありません。キヘイのサンセットがきれいだと聞いていたので楽しみでした。ホテルにチェックインしていると間に合わないので、タイミングをみてクルマをビーチ沿いに駐車。男女4人は、まるで青春ドラマのワンシーン。海に沈んでいく太陽を見ながら、あまりの美しさに言葉を失い目をウルウルさせていました(なんてことはありません)。
ワイキキと違って背後に高層ビルなどがなく、道路の照明も少ないためサンセットが映えるのかなと感じました。


マウイバニヤン


キヘイでの宿泊先はアストン・マウイバニアンカフルイ空港から約25Km。カマオレビーチの向かいにある5階建てのコンドミニアムです。外観はこじんまりとしていますが、室内はなかなかシンプルで落ち着いた雰囲気。2ベッドルームに、Wベッドが2つ。女性が2人で寝るのはいいかもしれませんが、男2人でのWベッドは避けたい(ジャニーズ・ジュニアのようなかわいい少年なら別かも・笑)。「暗黙の了解」で、まるかさんはエキストラベッドに決定。
部屋割りも決まったところで、お腹もすいてきたし僕としてはビールが飲みたくなる時間。夕食をするためにホテルを出ました。キヘイの街は静かで寂しいくらい(ま、ホテルから1Kmも歩いていないのでよくわかりませんが)。



■ディナーは広東料理


ホット&サワースープ Withシーフード スペシャル・スープ 蒸しエビ

魚とブラックビーン・ソース 鶏肉とブロッコリー かた焼きそば
何を食べようか迷うほど、レストランは多くありません。ショッピング・センター以外、あまり店もなく、イタリアン、、シーフード、ベトナム料理などの何軒かをブラブラ見て歩いたあと、無難なところで広東料理の店に入りました。店の名は「CANTON  SHEF」。まずはビールを頼んだあと、、当たりはずれのない料理を注文。
朝に飲んだビール以来だったので、おいし〜♪ ふとTamakiちゃんが「このテーブル、傾いてない?」と言いだし、ひろりんも「そうね〜、誰かビー玉もってない」と、傾きを確かめたいらしい。そんなものハワイにもってくるわけありません。そこで、バドワイザーの空きボトルをテーブルに寝かせてみました。すると、、、コロコロ
と転がるではありませんか。テーブルが傾いているわけじゃなく、店のフロア自体が水平ではないんです。
昔ならともなく、最近の日本の建築では絶対にあり得ないことでしょうね。いやー、ビックリしました。
料理の味は、どれも可もなく不可もなくという感じ。いちばんおいしかったのは、スペシャル・スープです。蒸しエビを食べるときに飲むもので、レモンの酸味が油っこくなった口の中をサッパリさせてくれます。というのはウソで、これはフィンガー・ボウル。店の人がこれを運んできたとき、僕はカメラの電池交換などをしていたので聞いていなかったため、なんと口をつけてしまいました。いまは亡き父が言っていたなぁ。「‘冗談’と‘悪い冗談’の違いがわかる人間になれ」と。その意味がよーくわかった一コマでした(笑)

ビール小瓶3本ぐらいで足りない僕は、小さいワインボトルを買ってホテルに戻り飲みました。いよいよ明日はハレアカラのサンライズとダウンヒルツアー。夜中3時半にピックアップなので起きるのは3時です。



6日目へ
プロローグ 1日目  2日目  3日目  4日目  5日目 6日目 7日目 帰国日 TOP HOME