みんなの ホノマラ完走記&完歩記



キヨキヨさんの------------------ 
2001 ホノルルマラソン完走記




1:30AM起床。ぐっすり眠れたので目覚めはスッキリ。ラナイに出て空を見上げると、

流れる雲の隙間に星が見えます。寝起きのからだに風がひんやり…「さぁ、いよいよだわ!」


                         

思い起こせば2000年のゴールデンウィーク。そのちょっと前にUPされた、ププさんの「気分はホノルルマラソン」に

触発されて走りはじめました。切りのいい☆0歳の記念になるし、目指すは2001年ホノルルマラソン!

運動音痴で、まともにできるのは水泳のみ。まさか私が走るとは…驚いたのは、母親、友人達そしてなにより

自分自身なのでした。はじめは3km走るのが精一杯。走り終わるとめまいがする〜 

それでも、ププコーチのアドバイスで週3回、3kmくらいの練習からはじめ、

5km、10kmと距離を伸ばしていきました。(月間走行距離平均60km)2000年9月には5kmの大会に初参加。

ホノマラまでには10km、ハーフと10回のマラソン大会に参加して臨みました。目標タイムは6時間以内です。

まずは朝食。といっても夜中の2時。目標のタイムで走っても、12時間近く食事ができないわけですから、


しっかり食べなくてはいけません。おにぎり、カステラ、

オレンジジュース、アミノバイタル1袋、栄養ドリンク、烏龍茶と

セオリー通りに食べます。深夜の事ですから、これだけ食べるのは

結構キツイ!

ストレッチをして、身支度を整えます。前日にゼッケンを付けておいた

Tシャツに袖を通すと、緊張がビビッとはしります。

そこへ待ち合わせをしているププさんから「寝坊したので、15分遅らせて」と電話が…。

どうやら2度寝してしまったようです。おかげで、しかっりストレッチの時間をいただきました(笑)

さぁ!忘れ物のないように確認していざ出陣です!!



■スタート地点へ

フロントの従業員の応援を受けて、待ち合わせのパークショアへ。外に出るとカピオラニ公園に向うランナーが

ゾロゾロ歩いています。アラモアナまでアップを兼ねて行くのか、反対方向へ走る人もチラホラ。

パークショアのロビーでププさんと落ち合い、モンサラット通りのバス停へ。ここからは、ランナーをスタート地点まで

連れて行ってくれる無料バスが運行されています。ワイキキ中のバスを動員しているのでしょうか、

次々にバスが来てランナーを運んでいきます。ほどなく順番が来て、ププママ(ププさんの奥様)の回すビデオに

「いってきまーす!」と手を振りながらバスに乗り込みます。

4:00頃アラモアナビーチパークに到着。すでに沢山の人達が集まっています。スタート地点を確認し、

持ってきたバナナを食べていると、ザーッと雨が…ボーダーズ前のガソリンスタンドでしばらく雨宿りです。

スタート30分前。雨も上がり、ププさんとは別れ、後ろの方へ歩いて行きます。後ろへ行くほど

人が多くなっていくようです。ずうずうしくも3−4時間の表示の最後尾でスタートを待つ事に。ここまで来ると

早くスタートしたい気持ちでウズウズします。


■スタート〜10km

5:00AM。スタートの合図とともに、たくさんの花火が見送ってくれます。「さぁ、がんばるぞ!」と

心の中で気合を入れてゆっくり走りだします。ボーダーズ前のスタート地点を5〜6分で通過。さっきの雨でできた

水溜まりをさけ、シューズを濡らさないように走ります。そういえばスターターはいったい誰だったんだろう?

アロハタワーの先を右折し、サウスキング通りを東に走ると、街路樹のイルミネーションが見えてきます。

市庁舎前ではサンタクロースご夫妻のお出迎え♪去年は2人に「来年は走って来るからね!」と誓ったことが

現実になった嬉しさで、胸が熱くなります。
 

最初のエイドステーション。ここまででかなりの汗をかいていたので、しっかり給水。

たくさんのボランティアが差し出すコップに、どれを取ろうかと迷ってしまいます。「こんなに朝早くから、

私たちのためにありがとーーー!」思わずウルウル。

アラモアナからワイキキにかけては、ツアー会社、観光客、各団体の応援が賑やかに。

カラダも足も順調です。ワイキキビーチマリオット(旧ハワイアンリージェント)の前で待機してくれている

ププママを探して、左側を走ります。 あっ!いたぁ〜!!

「がんばって〜」「がんばりまーす!!」自分への応援にパワーをもらえる瞬間です。



■10km〜ハーフ

カピオラニ公園の外周に入り、10km地点通過(1時間13分43秒)。ここでトイレタイム。

すっきりしたところで、いよいよ上り坂の続くダイヤモンドヘッドへ。だんだんと空が明るくなり、右側には太平洋が

現れます。この辺りは、このコースの中でもピカイチの絶景ポイント!カメラを持ってくればよかったぁ〜。

上りもどうにかクリアして、カハラへと向います。カハラモールの手前、ネット友達のひろりんとまるか☆んが

待っていてくれるはずなので、今度は右側を走ります。坂を下りきった辺りで2人を発見。

「ボーッとしてないで、ちゃんと応援してよね〜」と声をかけながら近づきます。「わぁ〜キヨキヨさ〜ん」

「足は大丈夫?お水は?」と心配しながら、カメラとビデオを持ってしばらく伴走してくれます。

疲れもいっきに吹き飛び、2人の応援を背に受けながら、長がーいハイウェイに向います。
  
ハイウェイを3kmほど走るとハーフ地点(2時間44分21秒)。ハーフまでしか走ったことがないので、

ここから先は未体験ゾーン。この調子で行ければいいなぁ〜と思いましたが、そうは問屋がおろしません。

しばらくすると2ヶ月前のハーフマラソンで痛めた左足に痛みが…走るたびに足首がズキズキします。

持ってきたエアーサロンパスを靴下の中に吹き付けても、なんの効果もなし。

「あぁ〜あとどのくらいで折り返せるんだろう…」



■ハーフ〜30km


ハワイ・カイの住宅街をまわり再びハイウェイに出る頃には痛さも増して、歩いては走るを繰り返す状態。

痛さを忘れるために思い付いたのが、ネット仲間で同じく初参加のはんつさん探し。

9時間でゴールするのが目標と言っていたので、もしかするとすれ違うかもしれません。

視線と意識を往路のランナーに向けながら走っていると、ほどなくはんつさん発見!

「はんつさーん、がんばってー!」気が付いて片手を振ってくれます。はんつさんのがんばっている姿に

後押しされて、ゴールを目指します。



■30km〜ゴール


30km通過(4時間2分53秒)ウエストポーチに入れてきたアミノバイタルゼリーで腹ごしらえ。

カステラも持ってきましたが、喉を通りそうにありません。ここまで来ると、感謝でウルウルしながら

受け取っていた水も「誰でもいいから、早くちょ〜だ〜い」という状態。距離表示も5kmごとしかないキロ表示を

待っていられず、作ってきたマイル換算表を見ながら、あと何キロかを確認せずにはいられません。

走っては抜き、歩いては抜かされ、回りの顔ぶれも同じになってきます。
 
カハラを抜け、最後の難所ダイヤモンドヘッドの上り。足首の痛みと腿の筋肉痛で歩く時間が多くなっていたので、

このままだと6時間が切れないかも!走れ!走れ〜!と赤信号が点滅。やっとの思いで上りきり、

太陽にキラキラ光る海を左手に見ながらイッキに下りに入ります。

あと1km。最後のエイドステーションにいるはずのネット仲間こなちゃんを探しますが見当たらず、

そのままゴールへの直線へ。「キヨキヨさーん!」振り向くと、ププさんがビデオを構えて待っていてくれました。

笑顔で手を振り、そのままゴーーーール!!!

「あぁ〜6時間切れて良かったぁ〜」(5時間47分59秒)

                     ★
1年8ヶ月待ち続けたホノルルマラソン。終わってみるとあっという間の6時間でした。

たくさんのボランティアの支えと家族や友人達の応援で、自分の実力以上の力を与えてもらったような気がします。

大好きなハワイで、初のフルマラソンを経験できて本当に幸せでした。来年ですかぁ?もちろん参加しますよ!

〜最後まで読んでいただき、ありがとうございました〜

ゼッケン、完走Tシャツ、完走メダル 友達がプレゼントしてくれたレイ



    ◎キヨキヨさんへの感想メールは → こちら








マイケル冗談さんの-------------------
2001 メイヤーズウオーク完歩記





「わお〜ハワイに来たぞ〜!」♪〜♪♪

すがすがしくさわやかな風、青い空、真っ赤なハイビスカス。

ホノルル空港に着いただけで、この感動だ。この先どうなるのかな(笑)

そうそう、昨日(イヤ、今日だった)日本を発ったのだな〜


■12月7日(金):関空出発

今日から1週間休暇を貰って、ホノルルマラソンに参加する。但し、メイヤーズウオークであるが・・・ 

午後2時過ぎに家を出たが、途中、阪神高速が意外と空いており、15:20には到着してしまった。 

16:00頃には受け付け(N旅行社)し、すぐチェックイン、空港内をブラブラする。

便は、JAL2096便(臨時便)18:55発なので 大分時間がある。17:00シャトルにて出発ターミナルに行く。

服装からしてホノマラ参加らしき人がかなりいた。 

機内に入り気がついたが、なんとシートが2階席のビジネスクラスシートではないか!何で~!!

どうでもいいや、ラッキー♪♪ さすが、ゆったりしている。

定刻に離陸、映画をボヤ〜と観たり、イヤフォーンで落語を聞いたりしている内、

少しウトウトしたかなと思っている間に、空が白白としてきた。「後1時間ほどで到着」とのアナウンスがあった。


■12月7日(金):日付変更

AM6:30定刻より早めに到着。空港を出て、先ず感じたことが、冒頭で述べた最初の感動であった。

バスのロータリーで、関空出発以外の他のツアー客を待っていると、ムームーを着て太ったおばちゃんが、

「アロハ」と言って寄ってきた。知り合いの出迎えらしい。「プリーズ」と、食べていたクッキーを2〜3ケくれた。

(人なつこく、開放的な人である。ハワイの人は皆こんなんかな〜・・まさか(笑)) 

暫くすると、迎えのバスが到着。 6人ほど乗車した。 一路、ワイキキへ。

途中平日の為か、車が大変渋滞していた。普通は、20分ぐらいとの事だが、50分ほど掛かった。

車中から見る街並みや、日本では見かけぬ樹木(モンキーポッドなど)、海の色に、さすがハワイ!

やっぱりハワイ!ともう興奮している。

8:00頃ホテルに到着するも、部屋にはまだ入れないので、荷物を預け探索に出る。

ホテル前が道路を挟んですぐビーチ。先ずビーチへ。 なんだ、この海の色は!! 素晴らしい、

なんと言って良いのか、綺麗な透明度の高い海の水 真っ白い砂浜、真っ青な空にそびえる椰子の樹木、

目の前にはあのダイヤモンドヘッドクレーター、写真でしか見たことの無いビーチに今、生まれて初めて立っている。

クラクラするほど感動的な瞬間である。(これで完璧にハワイウイルスに感染した?(笑))

ハワイには、何度でも行きたいという人の気持ちがわかった様な気がした。

その後、カラカウア通りで、ウインドウショッピングを楽しむ。

印象的だったのは、ちょっと怪しいかなと感じられる「インターナショナルマーケットプレース」。

露店スタイルの店舗が、無数にある。買いもしないのに冷やかしで観るのも楽しい。

それと、ここの特大な菩提樹が素晴らしい。こんな木を見たことが無い、枝から根を下ろす様は、見事である。

昼食を兼ね、マラソンのオリエンテーションがホテルの会議室であった。

終了後14:00過ぎに、部屋にチェックイン。 少し休んで、再び、探索に出た。

カピオラニ公園に行く。道路のマラソン当日の規制表示や、ゴールゲート設置、スポンサーや、

ツアー会社のテント等、多くの人が明後日の受け入れ準備をしていた。

ナイキのブースを覗き、ホノルル動物園の外周を一周のんびりと散歩してきた。

ビーチに戻り、浜辺に座り込み、アカデミアンナッツをポリポリ食べコーラを飲みながら、サンセットを楽しむ。

至福のときであった。(又もや、感動)単純だな〜(笑) ホテルに戻り、食事をし、寝不足も有り早めに就寝。


■12月8日(土):ショッピングディ

今日は、「マイケル妻の日」とした。マイケル妻の大好きな買い物にお付き合いする。

アラモアナSCで思いっきりショッピングしたいとの事で、朝からソワソワしている。

一日乗り放題のトロリーチケットを買う。カピオラニ公園入り口から乗車。公園を一周し、

アラワイ運河に出てそのまま直進するものと思ったら、あちこちに寄り、アラモアナSCまでかなり時間がかかった。

でも、そのお陰でなんとなく土地感がついた感じである。

アラモアナSCに着き、早速、娘や、息子から頼まれたものをショッピング。

大きい物は、お店に預けてウインドウショッピングも楽しむ。店舗の数も半端でなく多い。

妻の跡をノコノコついていく。何で女性は、ショッピングの時こんなにエネルギッシュなのであろうか? 

あ〜しんど!!(笑)


■12月9日(日):メイヤーズウオーク当日

モーニングコールをAM1:30にしたので、少し早めに就寝。AM0:00目が覚める。

起きるのはまだ早い・・ウトウトするもすぐ目がさめる、眠れない。

エエイ!面倒だ起きてしまえ。(ウオーキングなのだからそんなに気合入れなくて良いのに・・)(笑)

AM2:00頃、サンドウイッチを食べる。AM2:30ツアーデスクに集合、

バスでアラモアナ公園近くのプリンスホテルに移動。

ホテルのパンケットルームで、着替え、マラソンについての注意事項、ブロンドの美女のリードによるストレッチ体操、

そして、参加者全員(60〜70名位の人)で、「完走するぞ!」と気勢を上げて出発。


AM4:00スタート地点へ。6時間以上、5〜6時間、4時間・・・と

ランナーの実力に応じた出発をするように標識がある。

(ちなみにツアー会社の人の話では、4〜5時間レベルであれば、3時間位の所が

ベターとの事であった。 ほんまかいな?(笑))

待っている間、時折雨がふる。建物下や、木陰に走りこむ。用意のいい人は、

ビニール袋(ごみ袋?)に3箇所穴をあけコート代わりにしている。(スタート前に濡れるのが嫌であれば、

後で荷物にならずGoodかも!) でも、寒くも暑くもなく多少ムシムシするが、気持ちがいい位である。

ウオーキングはマラソンランナーがでた後とのことなので、スタート付近の歩道に

陣取った。すぐ横ではブラスバンドが演奏していて、結構これも楽しめた。(ウキウキした気分にさせる)

目の前にマリナーズの「大魔人・佐々木投手」がTV局のインタビューを

受けていた。(写真をパチッ)その後クレーン上に昇り、例の少し甲高い声で

挨拶があった。他に、市長のハリス氏の挨拶、ニューヨーク消防士の方の紹介等

があった。米国国歌斉唱の後、いよいよスタートだ。5時5分前、

車椅子のランナーが出発。AM5:00号砲と同時に大輪の豪華な打ち上げ花火、

素晴らしい眺めである。(たまや〜!!(笑))

ランナーが一斉に走り出す。ものすごい人数だ。すぐスタート地点は人並みで

埋まり走れず、歩いている。「佐々木!佐々木!」とクレーン上の佐々木投手に声をかけ通り過ぎるグループが

何組かいた。20分以上経っても、までランナーが走りきっていない。

結局、メイヤーズウオークは、AM5:25過ぎごろのスタートとなった。

メイヤーズウオークの参加者も並ではない。(何人だったのだろう?知っている人教えて。(笑))

「ボチボチ歩こうか」と妻と歩き始める。アラモアナ公園からホノルル、ダウンタウン方面へと進む。

SCのサンタクローズがかわいい。通りのあちこちにクリスマスが近いのか、イルミネーションがとても綺麗に

飾り付けてある。思わず写真をバシバシと撮る。バカみたい、こんなに撮ってどうするの?(笑)

イルミネーションや、いろいろなデコレーションを楽しみながら歩けるなんて、とても楽しい思いである。

(メイヤーズウオークだから出来る楽しみかもしれない)それから、今ハワイは雨季だそうだ。時々サーと雨が来る。

早足で歩くので、汗も出てくる。気持ちがいい。アロハタワー付近から、ワイキキ方面にコースが変わる。

朝早くから、沿道にはウオークの人にも応援してくれる人が大勢いる。

思わず笑顔で手を振って「センキュー」・・まるでスターのような気になって?(爆笑)

AM7:25カピオラニ公園のゴールに着く。(約2時間)マイケル感激っす!

2時間は早かったほうで、私もこれでサブスリーの仲間入り(エッ違うってか、アッソ〜)(笑)

妻は、少しばてた様子で口数が少なく、少し機嫌が悪い。でも、普段余り運動などやらないのに、

朝早くから10kmのウオーキング、よく歩いたと思う。「よくやったね。」と心の中で誉めてやった。

(口に出してやれっちゅーの!)(笑)完歩した記念に「完歩証」と「FINISHERうちわ」を頂いた。ツアー会社の

サポートテントに行くと、飲み物や、食事が用意してあった。おしるこ、お寿司があり頂いた後少し休憩。

8:00頃、ゴールの1km手前にJALのエイドステーションがあると聞いて、行ってみる事にした。


ププさんのホノマラの掲示板によく投稿している、こなこさんと

ヤマンバさんがいる筈判るかな?いって見たが、判るはずがない、

大変多くの人がボランティアとして働いている。(これらの人のお陰で、

成り立っているのだなと感謝の気持ちで一杯になった。)

皆さん、一生懸命ランナーのために、働いており、ネット上のハンドルネーム

(こなこさん)で、どの方ですかと聞くわけにも行かず、ププさんの到着を待ったのですが、一度の面識も無い為、

どの方かも判らず、これもならず。帰ってからメールでも入れようと考え引き上げる。

9:30ごろ、ホテルに戻り、シャワーを浴び少し眠った。

午後からビーチに出た。世にもぜいたくな、その時間を過ごしました。降り注ぐ日差しのもと、ボヤ〜っと過ごす。

こんな小さなことで幸せを満喫できるのは、やはりハワイ!

夕刻からツアー会社の「マラソンナイト」に参加。中華料理店「チャイナガーデン」で開催。

30名程の参加者のパーティであったが、結構盛り上がり楽しかった。抽選会があり、

チョコレート(6箱×4ケース)とランニングキャップが当たったじゃ〜あ〜りませんか!!(笑)

この日も大変充実した、心に残る思い出ができた一日になりました。


■12月10日:マウイツアー

朝早くから出発する大変忙しいツアーであった。兎も角欲張ったプランのようだ。

テロの影響で空港では、迷彩服の兵隊が、自動小銃を持って警戒の中、国内でも厳重なチェックがあり、

一路マウイへ。(パスポートが必要・チェックインに大変時間がかかる)カフルイ空港、到着後すぐバスで、

「ハレアカラ」に登り(道中ガスがでていたが、ガスがきれると虹がくっきりと・・・これが又素晴らしい。

なんと虹の中に虹が出ている。(二重になっている)虹の中に虹でこれでは4時だ。エッ!(さぶい〜)(笑)

しかし、頂上に着くとそこは晴れ、(全くついているゼ!)頂上はとても寒かったが素晴らしい景色を堪能。

そしてバスはいま来た道をUターン。カフルイからラハイナに行き「砂糖キビ列車」に乗る。ただし蒸気機関車が

故障で、ディーゼルカー列車であった。(楽しみ半減!)カアナパリ〜カパルアまで行き、そこから又Uターン。

バスの中では「もしかすると鯨が見られるかもしれない」と、バスガイドが言うので、

もしかすると「ホエールウオッチング」が出来るかもと一生懸命海を見ていた。結局見ることは出来なかった。

(2月頃が最も多く見られるようだ。)とても忙しいバスツアーだった。でももう一度来たい、と言う気持ちが

とても強く感じた。それは、「ハラアカラの日の出を見たい」「山くだりバイクをしたい」「鯨を見たい」

「砂糖キビ列車(蒸気機関車)に乗りたい?これはいいか(笑)」等など魅力いっぱいな処だからです。


■12月11日:ププさんが・・・!感激!

今日は「潜水艇アトランティス」で、ハワイの海の底を見物。透明度が高く、30メートルの海底でも明るい。

また、海の匂いがしないのは海藻が生えないからと初めて知った。写真をうまいこと買わされた。

が結構楽しかった。シェラトンワイキキが船着場だが、帰りはそこから歩いて帰ることにした。

そして、夕方は「サンセットクルーズ」参加。船内では、ショーが行われていたが、その正面の席であった。

(最高の場所?)「ついてるな!」と妻とニヤッ。食事とショーを充分楽しんでホテルへ帰る。

部屋に戻り、暫くすると電話・ププさんがロビーに来ているとの事。

「え〜!わざわざ来て頂けるとは・・」感激した。少し話をさせて貰い、今後の交流やご指導を依頼、

そして来年は絶対ホノマラ完走をすると約束した。


■12月12日:帰国

今日は帰国する日である。本当に来て良かったと心から思った。

すっかりハワイウイルスに罹ってしまったようです。(笑)女房などは「永住しても良い」なんて不届きなことを言う始末。

ハワイが好き、走ることが好き、海が好き、カラッとした空気が好き、楽しいことが好き、お酒が好きという

ププさんのフレーズですが、ぴったり言い当てていることを実感できました。

私の場合ほかに、空も好き、雲も好き、山も好き、森も好き、街も好き、人も好き、

のんびりとした時間の流れも好き・・を付け加えた次第です。以上



◎マイケル冗談さんへの感想メールは → こちら




キヨキヨさん、マイケル冗談さん、ありがとうございました。


ホノルルマラソン完走記、レースデイウォーク完歩記を募集しています。


◎お問い合わせは → こちら
 



「やっぱりホノマラ」に戻る  HOME

やっぱりホノマラ Data&History 完走テクニック 完走Tシャツ 国内マラソン完走記
ワンカットのHAWAII PuPu in HAWAII あっ、いい気分 仕事部屋 プロフィール