HOME



 国内マラソン完走記
(1999年1月〜3月)    


■1999年3月13日(日)荒川市民マラソン(フル)

3時間30分45秒

2月の「彩の国さいたまマラソン」では前半オーバーペース気味だったと反省し、

20kmまでは約23分/5kmペースで行くことにする。「なるほどラクだ。これなら後半もペースダウンせずに

走れそうだ」と思ったのもつかの間。20km過ぎからは25分/5kmも維持できなくなる始末。

“残り1km地点”を通過するときに時計を見ると3時間25分8秒。

4分51秒で走れば昨年から続いているサブ3.5を維持できたのに、

練習不足に比例した体重増加でストップ。





■1999年2月21日(日) 青梅マラソン(30km)

2時間18分8秒

15km手前の下り坂から飛ばしてしまい、20km過ぎから失速。

「そうなんだよなー」と気が付いたときはすでに遅し。25kmからは足が重くなり、グターッとゴール。





■1999年2月7日(日) 彩の国さいたまマラソン(フル) 

3時間22分50秒

練習量のわりに軽快に走れ「お−、これなら目標の19分台どころか、

17分台でゴールか!」と思うも、そう甘くはない。30km地点からどんどん失速し、35km地点から

40kmまでの5kmは27分18秒もかかってしまうことに。ペース配分は実に難しい!




■1999年「ランナーズ4月号」に私が載っていますが、あれは編集部が脚色したもので、
“サブスリーを夢見ている”なんて絶対言っていませんので、からかわないでください。





■1999年1月15日(祝) 東京ハーフマラソン(ハーフ)

1時間32分34秒  

お台場周辺にコースを移して1回目。ほとんどフラットで紀録が狙える大会です。

とはいうものの、結果はご覧の通り。「横田フロストバイト」は風邪のためだと納得できたが、

今回は風邪も回復後。

やはリスピードトレーニングをやらないとダメだなぁ。





■1999年1月10日(日) 横田フロストバイトロードレース(20.150km)

1時間30分9秒

昨年は雪のためにコース変更があり、ハーフの距離が確保できなかったとのこと。

今年はちやんとした距離だと思っていたら、20km地点を過ぎるとアッという間にゴール。

たとえいい記録が出ても、これでは意味がない。

参加賞のトレーナーはいいけれど、もう来年からは参加しないことにしました。



1998年10月〜12月  HOME  1999年4月〜6月