HOME

ロゴ
国内マラソン完走記
(2005年1月〜3月)
  



■3月月20(日)荒川市民マラソン(フル)       

3時間24分50秒(ネット)  910位/15,064人


「ランナーズ」誌の調査によると、国内で2年連続 第1位となった人気大会。

景色の単調な河川敷コースだけど、制限時間の長さ(7時間)、充実したフードステーション、

1Kmごとの距離表示などが高ポイントをあげている。完走率も国内でトップ。

選手受付けは8時半までなので、8時20分に仲間と待ち合わせ。

予定通りに最寄り駅の浮間舟渡に着いたが、ランナーが多くて改札を出るまでに20分以上かかってしまった。

そういえば、昨年も10分以上かかっていた(懲りないなぁ)

ランパン&長袖シャツに着替えてトイレに行こうとすると、9時のスタートまで5分。

トイレもそこそこにスタート地点に向かう(泣)


9時スタート。周りのランナーを見て「おや?」と思った。ゼッケンの色が違う。

なんと、陸連登録者の場所に並んでしまったわけだ。(すみませ〜ん。わざとではありません)

5Km通過が23分22秒。スタートしてから、トイレのことが気になる。

「早く行ったほうがいい」「ゴールまで大丈夫かも」「行きたいときにないと悲惨」などと考えながら走るのは精神的によくない。

結局、10Km地点を通過したあと、コース脇にある仮設トイレに入る(2分)。

「ロスタイムを取り戻そう」などとスピードを上げるのはNG。

でも自然とペースが上がり、15Km地点まで24分31秒で行ってしまう。

今回からコースが変わり、完全に「行って帰ってゴール」となった。つまり、折り返し地点がハーフ地点。

折り返して気がついたが、復路は緩い向かい風となった。体感温度によって、長袖シャツの袖をまくったり下ろしたり。

たまに、往路を走る知人と声をかけ合う。

30Kmを過ぎた頃からペースがガクンと落ちてきたことがわかった。練習不足だからなぁ(2月124Km、3月59Km)。

エイドステーションでストレッチをしていると、ランニング仲間のIさんが走り去った。

「ついていこう」と後を追う。35Km地点で2時間48分3秒。よほどの落ち込みがなければ、3時間半は切れそうだ。

35Km過ぎの名物シャーベットを食べるが、気温が高くないので、それほどおいしく感じなかった。

40Km手前でIさんを抜いてゴールを目指す。と、同じくランニング仲間のKちゃんの姿を発見。

かなり疲れている様子なので、並んだときに「行こうよ」と声をかけると、「お腹がすいてダメですぅ」と。

黄色いゴールアーチが見えてきたので、ラストスパート。

 〜5Km   〜10Km   〜15Km   〜20Km   〜25Km   〜30Km   〜35Km  〜40Km 〜GOAL
23:22 22:42 23:31 22:59 23:41 24:42 26:03 25:45 11:01
  46:05 1:10:36 1:33:36 1:57:17 2:22:00 2:48:03 3:13:48 3:24:50

◎ラストの2.195Kmが、昨年と同タイム(11.04秒)だったのが面白い。







■1月9日(日) 谷川真理ハーフマラソン

1時間35分27秒  
1391位/7510人


今年も初レースは、谷川真理ハーフマラソン(通称タニマリ)。

天気はよく、気温もちょうどいい。昨年のような土埃もなく、絶好のマラソン日和。会場にはいくつかのバルーンが上がり、お祭りムードいっぱい。

谷川真理と長谷川理恵の知名度で、女性参加者が多い人気大会となった。

今回から、女性と男性のスタート時刻が違う。まず、10時に女性がスタート。続いて10時10分に男性がスタート。

この大会のいいところは、1Kmごとに距離表示があること(すべてではない)。

2Km地点を過ぎるあたりから、10分早くスタートした女性のランナーと合流し始める。

スタート直前、半袖のTシャツを長袖に換えたことを後悔するほど、風もなく暖かい。5Km通過が22分49秒。

スタート時の混雑を差し引くと、4分30秒/Km以上のペース。同じ速さで走ったつもりだったが、10Km地点まで22分16秒とペースが上がっていた。

女性のトップを走る早川英里と千葉真子とすれ違うが、さすがに速い。早川のストライドの広さに驚いた。

谷川真理も、往路のランナーに声をかけながら走り去った。長谷川理恵を探すが、今年も発見できず。

折り返し地点前後の坂も割とラクにクリアして、15Km地点まで22分40秒で行く。疲労度もなく、そのままのペースを維持できそうな感じ。

スピードを上げてゴールするつもりでいたが、ゴール手前1Kmぐらいのところにランニング仲間の女性がいた。

ちょっとバテている様子なので「あと1Kmないから頑張ろう」と元気づける。

記録を狙っている大会ではないので、併走することにした(迷惑だったかも・笑)。

ゴールのアーチがどんどん近づいてくる。最後は「ダッシュ〜」といって一緒にゴール。

タイムはともかく、15Km過ぎからも快調に走ることができ満足。年始めに、気持ちのいいレースとなった。


                                                      
〜5Km 〜10Km 〜15Km 〜GOAL
 22:49  22:16  22:40
27:40
   45:06 1:07:46 1:35:27

                                 ※20Km地点を発見できず。


2004年10月〜12月  TOP  HOME  2005年4〜6月