HOME
ロゴ
国内マラソン完走記
(2002年1月〜3月)
  




■3月24日(日)東京荒川市民マラソン(フル) 

3時間25分04秒(ネット) 



今シーズン最後のフルマラソン。ベストは狙えないまでも、30分は切りたいという気持ちでスタート地点に。

もちろん、勝田のときのように手袋を忘れずに(しかし、天気もよかったのでこの日は不要だったかも)。

予定は20Kmまでは23分/5Kmで行くこと。始めの5Kmが23分10秒でほぼ予定通り。

コース沿いには和太鼓やチアガールなどの応援も多く、パワーを与えてもらえます。

10Kmまで22分33秒で、ちょっとオーバー。さらに15Kmまでが22分53秒。スタート地点から15Kmまでは

荒川を下流に向かって走ります。15Kmの折り返し地点は、土と砂利と芝生によるラフロード。

走りにくくてペースが乱れます(もちろん、みんな同じ条件なので仕方ありませんが)。15Km〜20Km、

20Km〜25Kmも23分台で行くことができ、ほぼ予定通り。荒川の土手沿いに満開の桜並木があったりして、

真冬のマラソン大会とは違う、ほのぼのとした雰囲気があります。30Km地点で2時間20分06秒。

終盤の落ち込みを計算するとゴールは3時間23,4分かなと思う。31Km地点はスタート&ゴール地点のあるメイン会場前。

調子の悪いときは“ここでリタイヤして、ラクになれば!”と悪魔が囁いてきます(笑)

今回は、そんなこともなくゴールを目指しました。それでも、やはりペースは落ちて35Kmまでが26分24秒。

35Km地点の給水所にある、名物のシャーベットも一口だけ食べて走りつづけます。

40Kmまでが26分42秒。この5Kmは長かった〜(泣) 「荒川市民マラソン」のいいところは、

1Kmごとに距離表示があることですが、その1Kmが3Kmぐらいに感じます。

練習不足の割には3時間30分を切ることができて満足しています。

 〜5Km   〜10Km   〜15Km   〜20Km   〜25Km   〜30Km   〜35Km  〜40Km 〜GOAL
23:10 22:33 22:53 23:11 23:46 24:30 26:24 26:42 11:51
  45:44 1:08:37 1:31:49 1:55:36 2:20:06 2:46:31 3:13:13 3:25:04






■3月10日(日)東京ベイ浦安シティマラソン(ハーフ) 

1時間32分38秒(ネット) 



東京ベイ浦安は、ハーフで1時間30分を切ることができた唯一の大会(96年、97年)。

今となっては遠い日の出来事のようです(笑) 勝田のあと しっかり走り込んで、浦安でレース感覚をつかみ、

「荒川市民マラソン」でベスト更新というシナリオを描いていました。が、走り込みどころか

勝田のあとは67Kmしか走らないで浦安当日。

天気もよく、日曜日の舞浜駅はランナーとディズニーリゾートへ行く人でいっぱいです。

さて、レース。5Kmが21分12秒。「このペースで行けば、30分切れるんだよな」と思う。さらに10Km地点までを

20分35秒で走れたので「おや、もしかして!」とその気になるが、イーブンで行けるわけなく

次の5Kmは22分35秒。その時点で30分切りの希望は消えました。20Kmまで23分6秒。

売店のビールを頭に浮かべて最後のチカラを振り絞ったものの、思うようにスピードは上がらずゴール。

〜5Km 〜10Km 〜15Km 〜20Km 〜GOAL
 21:12  20:35  22:35  23:06  5:18
   41:48 1:04:13 1:27:20 1:32:38






■2月11日(祝)勝田マラソン(フル) 

3時間37分54秒(ネット) 1387位/4569人中



今年から「彩の国さいたまマラソン」がなくなったため初めて参加しました。

それにしても遠いです〜。約2時間は電車に乗らなければ行けません。

着替えをしていると「スタートまで、あと5分!」というアナウンスが流れ、大慌て。ランニングクラブのSさんに

ゼッケン付けるのを手伝ってもらい、急いでスタート地点へ向かう。そこでガ、ガ、ガビーン!

手袋をしてないことに気づく。が、取りに行けばスタートに遅れてしまうのでそのまま走ることに。

始めは「天気がいいし、手袋なくても大丈夫♪」と思いましたが、

やはり手先が冷たく、カラダが冷える。ロングシャツを着ていたので、袖口に手を入れて走るという苦肉の策。

それでも指先から寒さが伝わってくる。15Km通過が1時間9分57秒。「3時間半は切れるだろう」と走っていると、

お腹が冷えたのでトイレに。約3分ロスしたものの20Km地点まで26分37秒。

ハーフ地点通過は1時間41分。まだまだ3時間半への希望を持ちながら走るも、

次第にカラダ全体が冷えてきて25Km過ぎにまたトイレ。完全にペースが乱れて3時間半の望みは消えてしまう。トホホ

40Km付近を通過するとき、なんと知人Mくんが立ち止まっている。声をかけると追ってきました。

しばらく併走していると、今度はMくんが先に行くことに。「着いて行こう」という気持ちがスピードを上げ、

最後の2.195Kmは10分40秒。いつもより1分は速く走れました。


 〜5Km   〜10Km   〜15Km   〜20Km   〜25Km   〜30Km   〜35Km  〜40Km 〜GOAL
24:43 22:29 23:44 26:37 25:22 28:09 27:57 29:12 10:40
24:43 46:12 1:09:57 1:36:34 2:01:59 2:30:04 2:58:02 3:27:14 3:37:54






■2002年1月13日(日)谷川真理ハーフマラソン

1時間34分39秒  727位/3832人中



2002年の初レース。年末は忙しく、ホノルルマラソン以降10Kmしか走っていないし、

年明けも前日までに47Kmの練習量。当分、ハーフで30分切りを狙うことは無理だと思います。

この日の目標は、何といってもホノルルマラソンで抜かれた長谷川理恵に背中を見せること。回りの人たちに

「負けたら1週間の禁酒をする」と言ってしまった手前、真剣です(笑) 

昨年と比べて風がないので一安心。といっても、土手沿いは寒いと思いTシャツ&ランパンで走りました。

スタート後、4Km地点当たりで理恵ちゃんを発見。背中のゼッケンに名前が書いてあるために

すぐわかります。とりあえず抜いて、5Km地点で自分のペースをみると22分05秒。

速くも遅くもないのでそのまま行くことに。10Km地点通過が44分11秒。ほぼイーブンです。

15Km地点まで22分17秒と落ちたあと、さらに20Km地点まで23分13秒とペースダウンしたものの、

長谷川理恵には勝つことができました(ちなみに長谷川理恵は38分台)。

                                                        
〜5Km 〜10Km 〜15Km 〜20Km 〜GOAL
 22:05  22:06  22:17  24:42  4:58
   44:11 1:06:28 1:29:41 1:34:39




2001年10月〜12月
  TOP  HOME 2002年4月〜6月