HOME


国内マラソン完走記
(1999年10月〜12月)




■11月28日(日) つくばマラソン(フル)

3時間19分04秒

今年の目標とした、自分の誕生日(3月19日)タイムを実現。3月1日生まれとかじゃなくて、よかった! 

9月が143km、10月が123km、11月は大会前日までで123.5km。

少ない練習量で記録更新ができたのは、ダイエットの成果かも。

それから、前日に行ったマッサージが

効いたのかもしれません。足の張りが取れる感じでオススメします。



■11月14日(日) 横浜マラソン(ハーフ) 

1時間32分42秒

走る前に大腿四頭筋(太もも前部)が張った感じ。平柳さんに話すと「重い感じならいいけど、

張ってるのはよくない」と。

5kmが20分39秒。「いけそうかな」と思いながら10km地点を目指す。「まだかなぁ」と思っていると、

いきなり「10.2km地点」という看板(なんだコリャ!)。暑くて水が飲みたいのに、

5km地点の次は、なんと15km地点まで給水所はなし。

のどは乾くは、腹は立つは、足は張るは…苦しいレースでした。




■10月31日(日)手賀沼エコマラソン(ハーフ)

1時間30分57秒

2年前の「東京ベイ浦安シティマラソン」を最後に、ハーフで1時間30分を切れない。

畔上さん、伊倉さんなど速い人がいる以上、年のせいにできないのがツライところです。



■10月24日(日) 月例赤羽マラソン(10km)

42分06秒

先月と比べて気温が低かったぶん、タイムは良くなりました。

小さい大会でも陸連公認なので記録は信用できます。




■10月17日(日) 高島平ロードレース(20km)

1時間26分39秒

陸連登録者のみの大会で、制限時間1時間30分。早大陸上部約50人、中大陸上部約30人といった

学生がウヨウヨいるほか、女性は1時間25分を切ると東京国際女子マラソンの

参加資格が手に入るため、めちゃくちゃレベルが高い。

これほど女性に抜かれたレースは初めて。

時間内にゴールできたので、ホッとしました。




■10月10日(祝) 中央区民スポーツの日マラソン大会(10km) 

39分46秒

中央区民でなくても募集人員に満たない場合は参加できます。

月島の運動場をスタート&ゴールとして、1周5kmの周辺道路を2周するもの。

1周を走った時点で時計を見ると、19分28秒。

「オッ、20分切れてる!」と、いい気分でもう1周。タイムは、な、な、なんと39分47秒。

しかし、ゴール地点はスタート地点よりトラック半周分(200m)長い。

つまり1周目は5kmないわけで、「だよな〜」とガッカリして帰ってきました。

自分の走力を考えてみると、距離は200mどころか500mぐらい短かったのではないかと思えてきます。


1999年7月〜9月  HOME  2000年1月〜3月