国内マラソン完走記
   (1997年10月〜12月)

  


■11月16日(日)浦安シティマラソン(ハーフ)

1時間29分11秒

ハーフで1時間30分を切れるのは、この大会だけ?(96年は1時間28分56秒)という感じです。

距離が短いのかなと、ほかの人に聞いても「そんなことないんじゃない」という返事。

大会によって相性の善し悪しがあるみたい。

浦安は走りやすいだけでなく、参加賞のTシャツが材質もイラストもGOODなのでオススメです。





■11月9日(日)横浜マラソン(ハーフ)

1時間32分34秒

昨年の失敗を繰り返さないようスタート地点に早めに行ったため、

スタート直後の混雑はそれほどありませんでした。しかし3q地点あたりでランナーと接触。

おっ、とっ、とっ、とっ、と前のめりになりながらも持ちなおし、

危ういところで転倒は避けられる。中間地点が45分34秒。また1時間30分を切ることはできず。





■10月26日(日)手賀沼マラソン(ハーフ)

1時間30分50秒

昨年のタイムが1時間30分34秒。今回は30分を切るつもりが、ダメでした。

ゴール後に、「去年よりコースが長くなったかも…」という声を聞いて、

思わずムフフ。30分は切れなかったけど、タイムは昨年より少し縮まったのかな。





■10月10日(祝)健康マラソンinこどもの国(フル駅伝)

6人ずつ2チームに分かれて42.195qを走りました。

1周4.1qのコースを10周するわけですが(誰が何周するかは自由)、

アップダウンが激しく、みんなヒーヒー。

でも、自己タイムを気にするレースとはちがった意味で楽しい大会でした。



1998年1月〜3月  TOP  HOME