HOME

        

       
ホノルルマラソン・コース案内



■コース・マップ(数字はマイルです)

Start:アラモアナ・ビーチパーク前   Finish:カピオラニ・ビーチパーク



■コース高低図

ダイヤモンドヘッド以外は、ほとんどフラット。つまり往復各1回登りがある。



■スタート〜5km(地図では3の付近まで) 
※数字はマイル表示
スタート地点はアラモアナ・ビーチパーク前。
朝4時半には、応援する人 も含め約3万人が集まります。
「4時間〜4時間30分」「4時間30分〜5時間」、、、と、案内板があるので
自分の予定タイムの場所に並びます。
最後尾ランナーがスタート地点を通過するには20分ほどかかります。
2000年からチップ(シューズに取りつけて、コンピュータがタイムを記録)を採用するようになり、スタート地点までのロスタイムはなくなりました。
あまり前に並ぶと、速いランナーに押され危険。先は長いのです。
ウォーミングアップを兼ねて、ゆっくりマイペースで行きましょう。
4km地点(地図2〜3)あたりはライトアップされ、実にキレイです。


◎スタート直後はマイペースで。

     


■5km〜10km(地図3〜6付近)
カピオラニ・ブルーバードからピイコイ・ストリートに曲がり、再びアラモアナ・ブルーバードをワイキキへ。左にアラモアナSC、
右にはアラワイ・ヨットハーバーがあります。
カラカウア通りに入り、ワイキキの中心が約8km(地図5)地点です。ゴール地点のカピオラニ公園を右にして、モンサラット通りを左に行くと10km地点。約1/4走ったことになります。


◎道路センターラインのプレートに足を引っ掛けないように気をつけて。
◎給水はこまめに取る
(走りながら飲むと気管支に入ったりするので注意)





■10km〜15km(地図6〜9付近)
モンサラットからパキ通りに入り、12km過ぎあたり(地図7〜8)が
ダイヤモンドヘッドの登りです。無理して走ると心拍数が上がるので、
「早足で登る」ぐらいの気持ちでいいかもしれません。
右手にはオアフの南海岸が広がっています。
ツライ坂を登りきると、そこからしばらく下り。だからといって
「登りの遅れを下りで取り戻そう」と考えてはいけません。


◎下り坂はスピードを落とす。








■15km〜20km(地図9〜12付近)
ハイウェイ手前のカハラモールあたりまで、けっこう下りが続きます。
カラダも軽く感じ、スピードを上げたくなる気持ちはわかりますが、
「下りは抑える」を守ってください。


◎トイレに行っておく。
約17km(11の手前)のカハラモール前付近に簡易トイレが
たくさん並んでいます。
(ハイウェイに出るとトイレはしばらくありません)








■20km〜25km(地図13〜)
ハイウェイに入ると、ズーーッと単調な道が続きます。
練習で20kmまでしか走ったことのない人や、
ハーフマラソンまでしか経験のない人は未知の距離へ突入。
ものは考えようです。
「まだ半分もあるんだ」ではなく「もう半分も来たんだ」と思いましょう。


◎ストレッチをして気分転換。
長い時間を走って収縮し始めた筋肉をほぐしてあげましょう。








■25km〜30km(地図15過ぎ〜)
長かったハイウェイを左に曲がりハワイカイ・ドライブへ入ると、
すぐに25km地点です(+マーク地点)。
住宅街の回りをグルッと1周して、再びハイウェイへ出て折り返し。
往路の人たちとすれ違い、優越感が味わえます(笑)


◎熱射病対策をする。
スタートから4時間もすると、晴れた日は陽射しが強くなります。
陽射しは、前から受けるより後ろから首に受ける方が体力を消耗します。
帽子をかぶる際は、ツバを後ろにして首を陽射しから守ると効果的。






■30km〜(地図19〜)
「フルマラソンは30kmから」といわれます。オリンピックに出るような
一流ランナーでも、ガクッとペースが落ちることがあります。
原因は、練習不足、オーバーペース、空腹…などいろいろ。
でも、あと12km。がんばるしかありません。


◎空腹によるペースダウンを防ぐために、何か食べる。
ホノマラ完走テクニック









■35km〜(地図22〜)
走っていると気がつきませんが、33km地点(地図21)ぐらいから
ゆるい上り坂が続きます。左前方にはダイヤモンドヘッドが。
ハイウェイからケアラオル通りへ入る所が35km地点。(地図22)
特設ステージがあり、フラダンスや歌を披露してくれます。
救護所もあり、筋肉消炎剤やワセリンなどを用意しているほか、
場合によってはマッサージのサービスも。
ここを過ぎてしばらく行くと撮影ポイントがあり、
道路上方からカメラマンがあなたを撮ります。辛くても笑顔で!


◎場合によっては救護所を利用する。






■40km〜Finish(地図25〜)
38km地点あたり(地図24)からダイヤモンドヘッドの登り。
道が直線のため、遥か先のランナーまで視界に入ります。
これを見ると「グェッ」と思いますが、ゴール目指してがんばりましょう。
「この坂を登れば、あとは下り」と思えば気分的にラクです。
坂を登りきって少し下りに入ったところが40km地点(地図25)です。
坂を下ったカピオラニ・ビーチパークの入り口が最後のエイド・ステーション。
残り800mです。歓声を浴びながら、感動のゴールを味わってください。


◎登り坂は、腕を大きく振ると自然に脚が前に出ます。





HOME