■2002年12月8日(日) 第30回ホノルルマラソン 3時間42分46秒



今年のホノルルマラソンは30回記念大会。

参加者は5年ぶりに30,000人を越えて30,428人となりました(日本からの参加者も17,000人以上)。

5時。「スターターはホノルル市長だったのかな?」などと思いながら、花火を見上げたあと走り始めました。

気温は低め。湿度もそれほど高くない。回りのランナーとの接触に気をつけてダウンタウンに向かって走ります。

風船を付けたスタッフの近くを見ると永井大(「タイムレンジャー」のタイムレッド役)がいる。

「ずいぶん前からスタートしたんだなぁ」などと思っていると「二見さん!」という声。

見ると編集の仕事をしている知人。「あれ〜、来てたんだ」「ええ、取材です」と左手に持ったカメラを見せてくれた。

「ホノルルは何度目?」「初めてなんですよ〜」といった会話を交わしたあと先をいくことに。


5Km地点で時計を見ると25分35秒。「ちょっと遅いな」と、少しスピードアップします。

カラカウア通りからモンサラット通りへ入ると10Km地点。5Kmのラップは23分35秒で、始めの遅れは取り戻したことになる。

今回の目標は、なるべくイーブンで走って3時間30分を切ること。

つまり5Kmを24分50秒ほどで走れば達成できる計算です。


ダイヤモンド・ヘッド・ロードの上りを終え、下りに入りしばらくすると15Km地点。ここから急な下り坂が続きます。

自然にストライドが大きくなり、飛ばしたい気持ちになりますが、膝に負担がかからないように脚を運びます。

風を感じる。カラニアナオレ・ハイウェイに出るとさらに風は強くなり、カラダが揺れる。

すでに復路を走ってくるトップ集団はケニヤ勢。快調に走る浅井えり子の姿も見える。なぜか、今回も20Km地点を

発見できないままハーフポイント(タイムは1時間45分12秒)。前半のペースが維持できたとしても3時間30分は

切れないわけです。「15Kmからの下りを抑えすぎたかな」トホホ。

「往路が向かい風ということは復路は追い風か」という期待を抱きながら

ハワイカイ・ドライブに入って行きました。25Km地点通過が2時間4分59秒。

15Km地点から50分29秒で来たわけで、「このペースで行けば、昨年と同じ3時間34分ぐらい

でゴールできそうだ」と、ハワイカイを回りながら少し元気がでて復路を走ります。

そこでサングラス着用。眩しさを防ぐのが第一の目的ですが、

苦しい表情を見せたくないのも理由の一つです(笑)

期待していた追い風は感じない。往路のランナーを見ないで走っていると、30Km付近で「ププさ〜ん」という声。

見ると、私のHPで知り合ったマイケル冗談さん(昨年はホノマラの数ヶ月前に手術をして断念。

1年間の計画的なトレーニングを積んで初参加です)。「頑張ってくださ〜い」と言いつつ僕も頑張らなきゃという思い。

「去年は30Km付近で長谷川理恵と併走したんだよなぁ。もうずいぶん先にいるのかな」と単調なハイウェイを走ります。

35Km地点を過ぎハイウェイを左に曲がりケアラオル通りへ入る。

給水所で水を首や膝にかけ、屈伸をしてから走り始める。

38Km付近には今年もビールを配っている私設エイドステーションがある。

「飲んでみれば!」という悪魔の囁きを振り払ってダイヤモンド・ヘッドの坂道を上ります

「あそこまで行けば、あとは下りだ」と自分に言い聞かせながら重い脚を前に出す。

40Km地点通過が3時間31分30秒で、3時間40分を切るのは無理。

それでも、タイムを短縮しようと下り坂を飛ばす。

カピオラニ公園に入っていくと最後の給水所があります。


ここにもネット友達の何人かがボランティアをしているので

スポーツドリンクと水をもらい、ゴールに向かう。「FINISH」と書かれた横断幕が、だんだん大きく見えてきます。

そしてゴール。
シェルレイを首にかけてもらい、仮設シャワーで頭から水を浴びているうちに、

辛さは消えて心地よさに変わっていました。


〜5Km 〜10Km 〜15Km 〜20Km 〜25Km 〜30Km 〜35Km 〜40Km 〜GOAL
25:35 23:38 25:19 25:19? 25:10? 26:30 28:10 31:49 11:16
  49:10 1:14:30 1:39:49? 2:04:59 2:31:30 2:59:41 3:31:30 3:42:46

TOP  HOME  2002年旅行記へ戻る

ホノマラ完走記:2006年 2005年 2004年  2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年  TOP  HOME